富士山エコパーク焼却センターの紹介

富士山エコパークは御殿場市及び小山町において発生する廃棄物の処理を行っています。

環境保全に配慮した施設

環境負荷低減に配慮し、副生成物・エネルギーを有効活用することで循環型社会形成に貢献します。また、高効率ごみ発電により、2500kWの出力に対応、熱回収率を上げるとともに更なるCO2の削減を行います。

ライフサイクルコストが低減できる施設

積極的に熱回収を行い、発電する施設計画及び運転計画とし、送電効率の向上を図り、余剰電力の送電を行うことでライフサイクルコストを低減します。

環境学習や景観を配慮した施設

多目的広場を芝生広場にすることでコミュニケーションの場をご提供します。

また、管理棟では、1階にごみについて学ぶ展示スペース、2階はシアター展示をリングホールで行っています。

工場棟では稼働中のプラントを見学できます。また、5階は360°眺望できる「展望回廊」として、来場者へ解放しています。

施設概要
施設名称 富士山エコパーク焼却センター
所在地 静岡県御殿場市板妻字直路862番地15
敷地面積 約5.5ha(55,767.22m2)
処理能力 143t/日(71.5t/24h×2炉)
着工 平成24年3月
竣工 平成27年3月
ごみ処理の流れ

富士山エコパーク焼却センターのごみ処理の流れ画像をクリックすると拡大されます。

設備概要
ごみ供給設備
投入扉・・・・・・・・・5門
ごみピット・・・・・・・約15,000m3
ごみクレーン・・・・・・2基
焼却炉
処理能力・・・・・・・・143t/日
            (71.5t/24h×2炉)
炉形式・・・・・・・・・全連続式ストーカー炉
灰処理設備
灰出しコンベア・・・・・2基
灰クレーン・・・・・・・1基
通風設備
押込送風機・・・・・・・2基
煙突・・・・・・・・・・高さ59m
燃焼ガス冷却設備
自然循環式ボイラ・・・・・・2基
排ガス処理設備
減温塔・・・・・・・・・・・2基
ろ過式集じん器・・・・・・・2基
ガス再加熱器・・・・・・・・2基
脱硝反応塔・・・・・・・・・2基
余熱利用設備
蒸気タービン発電機・・・・・1基
       (出力2,500kW)
排水処理設備・・・・・・・一式
計装設備
CRT集中管理・・・・・・・・一式
自動燃焼制御・・・・・・・・一式